美肌にアルコールは効果あり?

赤ワインは美容に良いって聞くし、たくさん飲んでも問題ない! なんてついつい飲み過ぎていませんか?

赤ワインには確かにポリフェノールという肌に良いとされる成分が含まれています。だからといって飲み過ぎはいけません。アルコールを摂取した翌朝は、顔がムクムクに浮腫んでいたり、化粧ノリも悪かったりと後悔することも多々あるはず。

でも、お酒を浴槽に入れて半身浴すると肌がしっとりすると言う話も聞いたことありませんか?
お酒は本当のところ肌に良いものなのか悪いものなのか、ここではお酒と美肌についての関係性をご紹介したいと思います。

「赤ワイン」が肌に良いのは本当?

赤ワインは肌だけでなく、心臓疾患などの予防にも効果的だと言われています。
それは、赤ワインに含まれているポリフェノールのおかげなのです。

ポリフェノールは、抗酸化作用が肌の劣化を防いだり免疫力を高めてくれたりする優秀な成分。体内で発生する活性酸素を増やさないようにする抗酸化作用があります。
赤ワインを製造する際、果皮や種なども一緒につぶして発酵させるため、アントシアニン、カテキン、タンニン、レスベラトロールなどのポリフェノールが含まれています。赤ワインは白ワインよりも強い抗酸化作用があるとされています。

さらに赤ワインはビタミンやミネラルも豊富に含有されていて、肌に必要不可欠な栄養素がたくさん詰まっています。また、赤ワインにはAHA酸が含まれているので、ピーリング作用があり、お風呂に入れると角質ケアにも。

「日本酒風呂」って美肌効果があるの?

バスタイム
赤ワインも良いけど、日本酒風呂も実は美肌づくりにはおすすめ。
日本酒を浴槽の中に入れて入ると、血流が促進され新陳代謝が良くなります。
肌を保湿する効果もあると言われています。

これは日本酒に含まれているアミノ酸のおかげです。また、核酸の一種であるアデノシンも含まれ、体がポカポカした状態を保つ働きをしてくれるのです。

さらに、日本酒を醸造する際に使用される麹(こうじ)の培養発酵液には、細胞の活性化をサポートするコウジ酸が含まれており、フェルラ酸という成分も多く含まれ、アンチエイジングにも役立つ成分として注目されています。

浴槽に入れる日本酒は高級なものじゃなくても大丈夫です。日本酒風呂で体もポカポカしてしっとり肌になれますよ。

「マッコリ」は便秘に効くらしい!

女性に大人気のマッコリ。マッコリにも実はたんぱく質やビタミンBなど、美肌に良いとされる成分が豊富に入っています。乳酸、クエン酸、リンゴ酸、酒石酸などの酸がシミやソバカスを予防し肌荒れを防いでくれます。

また、マッコリには乳酸菌もたくさん含まれているので腸内環境を整え、便秘改善にも期待できます。
さらに食物繊維も豊富で、便秘や肌荒れを引き起こす原因を解消することで肌荒れになる原因をひとつ減らすことができます。

最近では、洗顔料などにも使用されているマッコリ。日本酒が苦手! なんて人でもマッコリなら飲めるという女性も少なくないですよね。マッコリは飲みやすいことも人気の秘訣です。

美肌とアルコールの関係性

アルコールは適量でなければ肌に悪影響を与えてしまうことも確かです。
お酒にはエタノールという成分が含まれており、エタノールを分解する際にアセトアルデヒドという物質が肌細胞であるDNAを傷つけます。このせいで肌の新陳代謝が乱れることに繫がります。

さらに、ビタミンCやビタミンEなどの働きも妨げ、アルコールを摂取することで美肌にとって必要不可欠なビタミンB1を損失してしまうのです。

また、睡眠が十分にとれていない場合にも、ニキビなどの肌トラブルを起こしやすくなります。

アルコールは血流の循環を促進し、お酒の種類によっては美肌に効果的な成分をたくさん含んでいます。それらを肌に上手に摂り入れることで美肌になる効果が得られるということですね。

飲みすぎは禁物!

飲み過ぎ
家事や仕事などで疲れた後の1杯はとてつもなく美味しいですが、毎日飲み過ぎていては美肌どころではありません。アルコールは適量を摂取することが美容にも健康にもいちばんなのです。

とはいえ、我慢してばかりはストレスの宝庫になってしまって肌にも悪影響。
できる限りアルコールはたしなむ程度にして、美味しくいただくことを心がけてみてくださいね♪

NEW最新記事はコチラ

TOP