美肌はお風呂で楽しく作れちゃう♪

お風呂に入ることは、美肌作りにとって欠かせないものです。
温かいお湯にリラックスして浸かることで、血行促進や老廃物の排除、毛穴の汚れを落とすなど、美肌作りにも効果的です。また、リラックスすることで溜まったストレスも緩和されます。

ここでは、毎日のお風呂タイムで美肌に役立つポイントをご紹介したいと思います!

タイミングと洗う順序がポイント!

お湯に浸かって体がポカポカと温まってくると毛穴が開いてきます。
汗と一緒に毛穴の汚れや皮脂が排出されてきますが、このタイミングでクレンジングをしましょう!

そうすると、毛穴の奥深くまで溜まった汚れをしっかりと取り除くことができます。毛穴の汚れは、放っておくとニキビや毛穴の開きの原因にもなるので、やさしくしっかりと洗い落としましょう。ただし、乾燥肌の人は皮脂の取りすぎには注意してください。

クレンジングを終えたら、体を洗う前に髪の毛を洗っておくこともポイント。
洗髪料をつけている人の場合、意外としっかり洗っているつもりでも、洗い残しがあることが多いようです。

先に髪を洗ってしっかりとすすぎ、その後に体を洗うという順に気をつけるだけで、背中ニキビが改善されたという人もいるようです。
キレイな美肌になるには洗う順番も大切。

体をゴシゴシ洗うのはNG!

体を洗う時はやさしく洗いましょう。ナイロンタオルのような繊維の固いもので毎日体をゴシゴシ洗っていると、摩擦によって肌を傷めてしまうほか、メラニン色素が沈着してしまって黒皮症が起きるといった症例もあります。

黒皮症というのは、シミよりも肌の深いところで色素沈着を起こすものなので気をつけてください。たっぷりの泡でやさしく肌に馴染ませるようにして洗う方法がおすすめです。敏感肌でなければ、時にはスクラブなどを使ったスペシャルケアを取り入れることで角質ケアもでき、肌のごわつきやくすみを改善して美肌に繫げることができます。

お風呂あがりはしっかり保湿

保湿
お風呂あがりの肌はとても乾燥します。肌は時間が経つほどどんどんと乾燥し、お風呂に入る前の状態よりも乾燥して美肌からは遠のいてしまいます。
お湯の温度が高ければ高いほど皮脂が溶け出してしまっているので、なおさら気をつけないといけません。

そのため、お風呂からあがったらできるだけ早いうちに保湿をする必要があります。ここで、保湿ポイントとして知っておきたいことは、水分が蒸発しないように油分を補うということ。

化粧水をたっぷり肌につけることも大切ですが、それだけだと蒸発する水分が増えるだけなので注意してください。

化粧水で肌の水分補給をしたら、油分を補ってあげることが重要。
肌の水分保持力を高めるアイテムとしておすすめなのは、保湿クリームです。

お湯の温度も大切

水の画像
お風呂に入る時は、お湯の温度にも気をつけましょう。
美肌作りのためには、38度~40度くらいの少しぬるめかな?と感じるくらいの温度がいちばん良いと言われています。肌の保湿成分であるセラミドなどは、40度以上のお湯に長時間つかっていると溶け出してしまい、乾燥を促進させてしまいます。

お風呂が楽しくなる方法♪

ストレスも解消できて、美肌への効果が期待できるお風呂♪
でも、毎日美肌作りをしながら楽しんで風呂に入ることができればいいと思いませんか?

♥お気に入り入浴剤を入れる
バスソルトやフラワーバスなどで、お湯の色や触感を楽しむことができます。
好きな香りのものをチョイスするとよりリラックス効果も。
ソルト系の入浴剤だと、お風呂あがりもポカポカしていい香りも長続きします。

♥かわいいボトルに替えてみる
シャンプーやボディーソープなどのボトルを、自分の好きなデザインのボトルに替えてみるとテンションが上がります!

♥キャンドルでリラックス
毎日パソコンやスマートフォンを使っていると、交感神経が活性化され脳内が活性化してしまい寝付けにくくなってしまいます。お風呂の電気を消してキャンドルを灯すとリラックス効果があり、眠りにつきやすくなりますよ。

お風呂は美肌作りや日頃の疲れをとってくれる最高の美容時間ですね♪
正しいお風呂の入り方を実践することで美肌作りにも効果が期待できるので、ぜひ実践してみてください。

NEW最新記事はコチラ

TOP