魅惑の目元を演出!アイシャドウの正しい塗り方♡

アイシャドウってどうやったら上手に塗れるの!?とお困りではないですか?

アイシャドウは、基本の位置と塗り方のポイントを意識するだけでも、驚くほど綺麗な仕上がりになるんですよ♡

今回は魅力的な目元を叶えるアイシャドウの基本的な塗り方について紹介していきますね!

塗る位置(アイホール)を知ろう

基本的にアイシャドウを塗る位置は、アイホールと呼ばれる「目頭」と「目尻」を半円状に囲んだところです。

自分のアイホールがよく分からない方は、眉の中央を上に引き上げててください。

その時に、くぼむ部分があるのですが、その部分までが眼球と骨の境目であり「アイホール」と呼ばれる箇所です。
この範囲にアイシャドウを塗ると、アイメイクのバランスや仕上がりが、格段に良くなりますよ♪

逆に塗る範囲が狭すぎたり、広がりすぎてしまうとメイク全体のバランスが崩れてアイメイクの良さが半減してしまうので、意識をしてアイシャドウを塗っていきましょう!

アイシャドウパレットの役割

アイメイク

アイシャドウのパレットは、ただ単純に色が入っているわけではなくて、瞳の奥行き感を出すために必要な役割のカラーが入っています。

それぞれのカラーの役割を知って、最大限に活かせるようにしましょう♪

【ハイライトカラー】
まぶた全体に透明感を与えて、目元に明るさとツヤを与える光沢感のあるカラーです。

【ミディアムカラー】
メインカラーよりも薄い色味で、グラデーションを作るために必要なカラーです。

【メインカラー】
目元を引き締めてくれる一番濃い色味です。
目の際や二重の幅に入れることで、目を印象的に見せてくれます。

アイシャドウを塗る際に使う大事な道具

アイシャドウは専用の道具を使うことで、目の負担を軽減し、ムラなく仕上げることができます。
道具の種類によって色の発色や、なじみ方も異なるので、正しく理解していきましょう!

【アイシャドウブラシ】
アイシャドウをまぶたにのせる際に必要なブラシです。ソフトな感触で柔らかく色が入りますよ♪

大きいタイプは、上まぶたをのせる際に使い勝手が良くて、小さいタイプは下まぶたにアイシャドウをのせる際にとても便利です!

【チップ】
ブラシよりもしっかり発色させることができます。目の際などに、しっかりと色を入れたい時に便利です♡

アイシャドウの上手な塗り方

金髪女性

目元は基本を抑えるだけで、驚くほど綺麗な仕上がりを目指せますよ!!
オフィシャルな場面や、きちんと感を出したい場面では、この塗り方をおすすめします♪

使用するアイテムは、①アイシャドウ ②アイシャドウブラシ(大) ③チップです!

まず、ハイライトカラーをブラシで取って、手の甲で余分な粉を落とします。
そして、アイホール全体にハイライトカラーをのせて、まぶたのくすみをカバーしていきます。
上まぶたの目の際に、細くメインカラーをのせましょう。
メインカラーをアイホールに向かって軽くなじませます。
次に、ミディアムカラーをその上にのせます。横に塗って縦になじませると綺麗なグラデーションができますよ♡
そうしたら、アイホールの外側ラインにハイライトカラーを軽く重ねましょう。
ハイライトカラーを、下まぶたの部分目元から目尻にかけてのせていきます。もし、タレ目風にしたい場合は、目尻3分の1のラインまで締め色をのせるといいですよ♪

これで出来上がりです!!

一重&奥二重タイプの方の場合は

一重&奥二重タイプの方は、目を開いた際に隠れてしまう部分よりも、少し上の部分までミディアムカラーをのせて、メインカラーは目の際に少し太めに色をのせましょう。

これによって目元を立体的に見せてくれるので、おすすめですよ♡

NEW最新記事はコチラ

TOP