日焼け後にはアフターケアが重要!

うっかり日焼けをしてしまった!そんな時は、その直後にケアしてあげることがとても重要になります。日焼けした当日に必ず意識してほしいことをまとめてみました。
これは顔と体、どちらにも共通しています。

日焼けした直後にしておきたいケア方法

①まずはとにかく冷やす
日焼けはヤケドの一種と考えられているので、冷やすことが何よりも大切なポイントです。

冷たいシャワーを浴びるか、水風呂に入ってクールダウンしましょう。
水温が低すぎたり長時間水に浸かっていると、体を冷やし過ぎてしまうので注意を。

体を冷やした後は、日焼けした部分全てに濡れたタオルを巻きます。
日焼けが激しい部分には、保冷剤を濡れたタオルでくるんだり、ビニール袋に氷水を入れたものを使って念入りに冷やしてあげましょう。

②しっかりと保湿する
十分に冷やした後は、しっかりと水分を補給して肌を保湿して保護してあげます。
全身に化粧水をたっぷりとつけて水分を補い、乳液やクリームで保湿しましょう。

ケアする際のポイント

フルーツウォーター
水分をたっぷり摂る
日焼けした直後は、こまめに水分補給をするように意識しましょう。
体が水分不足になっている状態なので、スキンケアでの外側からのケアにプラスして、水分補給で内側からケアしてあげることも大切。

化粧水は手でたっぷりとつける
化粧水をつける際は、コットンは使わずに手のひらで直接つけることをおすすめします。普段なら手でもコットンでもどちらかお好きな方法で良いのですが、日焼け後は肌がデリケートな状態なので、手のひらで優しく馴染ませてあげる方が摩擦が起きにくく肌にも良いからです。

日焼けが気になる日は化粧水を冷蔵庫で冷やしておく
海に行く予定や1日中外出する日には、あらかじめ化粧水を冷蔵庫に入れて冷やしておくと良いですよ。肌への水分補給と同時に、クールダウンすることができます。

化粧水でヒリヒリする場合は無理につけない
化粧水を塗るとヒリヒリして痛みを感じてしまう場合には、無理に使わないようにしましょう。

また、体調が悪い場合や日焼けの痛みが治まらないなど、少しでも違和感を感じる場合は、自己判断は避けて皮膚科で診察してもらいましょう。すぐに行けない場合は、できるだけ冷やしてあげるなどのケアを繰り返し行なってください。

早めに就寝する
日焼けをしてしまった日は、肌だけでなく体全体がデリケートな状態になっていると言われています。ケアをしっかりと行ったらできるだけ早めに就寝するようにしましょう。

日焼けした翌日から気をつけたいアフターケア

徐々に赤みや痛みが引いてきますが、ケアを怠ることはおすすめできません。
きちんと保湿することに加えて、他にも意識してほしいポイントがまだあります!

重ねて新たな日焼けをしない!
日焼けした肌はとてもデリケートな状態になっているので、新たな日焼けをしないように出来る限り気をつけましょう。

日焼け止めを塗ることも忘れてはいけませんが、肌を直接日光に当てないようにすることが何よりも重要です。
外出する時は上着を羽織ってみたり、帽子や日傘をさして日差しから肌を隠すようにしてください。

食事からもしっかりと栄養を摂る

サラダランチ
体のリズムを整えるためにも、栄養のある食べ物をバランスよく食事で積極的に摂取しましょう。
特に日焼けのケアにおすすめなのが、たんぱく質や亜鉛、ビタミンC、ビタミンなどです。

■たんぱく質
たんぱく質は健やかな肌を保つためには必要不可欠な栄養素です。
(たんぱく質を多く含んだ食材)肉・乳製品・魚・卵・大豆

■亜鉛
亜鉛は必須ミネラルの一種とされています。
(亜鉛を多く含んだ食材)カキ・のり・しじみ・肉・納豆

■ビタミンC
ピーマンやブロッコリーなどのビタミンCは、特に亜鉛と一緒に摂取することをおすすめします。
(ビタミンCを多く含んだ食品)ピーマン、パセリ、ブロッコリー、アセロラ、キウイ

日焼けしないための3つのポイント

日焼けを繰り返さないために、また、紫外線によるシミを作らないためにも3つのポイントを意識しておきましょう。

ポイント①日焼け止めは適切な量をつける
日焼け止めは量が少なすぎると、塗れていない場所があってムラになることがあるので、使用目安量は必ず確認すること。
大体のものは、顔の場合500円玉サイズが目安量だとされています。
この量を一度に塗ことのは難しいので、半分づつ2回に分けて重ね付けすることでキレイに塗ることができます。

ポイント②日焼け止めは必ず塗り直そう!
日焼け止めを効率良く使うためにも、外に長時間いる場合は2~3時間置きに塗り直すことをおすすめします。
最初に塗る際にきちんとつけていても、汗や皮脂などと一緒に落ちている可能性があるためです。

また、汗や皮脂に強いウォータープルーフの日焼け止めであっても、100%落ちない訳ではないので、必ずこまめに塗り直すことが重要。

ランチでほんの短時間だけ外出する、または忙しくて塗り直しをする時間がないなどという方は、外出前に紫外線をカットできるフェイスパウダーを重ねてつけておくこと日焼けをより防ぐことができます。

日焼け後のアフターケアは放ったらかしにせずきちんと行ってあげましょう!
そうすることで、後の肌の状態が全く違ったものになりますよ。

NEW最新記事はコチラ

TOP