秋にくる!夏の紫外線による後遺症

残暑になり、ようやく秋の気配を感じはじめましたね。
夏はもう満喫したという人も多いのではないでしょうか。海やプール、アウトドアなど、日頃溜まったストレスも発散できたのでは?

そんな楽しいことがたくさんある夏場は、ついつい美容にもハメを外してしまいがちですよね。
日焼け焼け止めクリームを塗り忘れてしまって、まあいっか! なんてこともよくあります……。
しかし、そのハメを外したことで夏のツケが秋に悲鳴となって返ってくるのです!
体調を崩したり、肌の調子が悪くなったり髪がパサパサになったりと、美容に関するコンディション全てが悪くなってストレスも溜まりやすくなります。

こうならないようにするためには、美白ケア、乾燥対策など秋の美容ケアは重要なのでしっかりと行いましょう。

夏の後遺症で起こる秋のトラブル

免疫力の低下
秋は夏に浴びてしまった紫外線の負荷が肌に現れやすくなります。
外気も乾燥し、肌の表面が乾燥に耐える免疫力が低下しているために乾燥しがちになる人が多いのです。

胃の調子が悪い
秋の肌に現れるトラブルには、胃から来るということもあります。

食生活において、夏は冷たいものを食べる機会が多いですが、秋になるにつれて温かいメニューへとシフトチェンジされるため、胃が驚いて負担となり体調を崩しやすくなってしまう傾向にあると言われています。

秋は夏の後遺症でトータル的にバランスを崩しやすくなるので、体の内側も健康的でなければ肌にも影響を及ぼします。その為には暑い夏でも冷たいものばかりを摂取するのではなく、常温や温かいものをとるように心がけましょう。

夏の後遺症で増えるシミやくすみ

1s
夏に浴びた紫外線の後遺症で、秋にシミやくすみとなって秋頃に発生してくると言われています。冬になると夏とは逆に美白肌に憧れるようになりますよね。

焼いてしまった肌を美白肌に一気に戻すことはなかなか困難で、シミを完全に消すということも難しい話です。ならば、対処法として消すのではなく、目立たなくさせる方法をとってみてはどうでしょうか?

シミやくすみを根本から薄くしていくには、時間を要します。
肌を乾燥しない様にしっかり守り、体の内側から外側からもビタミンを補ってあげることが重要です。ビタミンはスキンケアや食事からも入れるように心がけていきましょう。

緑黄色野菜を食生活に積極的に取り入れたり、サプリメントを摂取したりすることもおすすめ。そして、体外からビタミンが導入できるような美容液などで気になる箇所にピンポイントケアするなど、生活の中でビタミンを意識するだけでも敏感になり、自然とケアするようになりますよ。

まずはシミやくすみに良いことを習慣付けることが大切です。意識改革からスタートしてみましょう!

夏のダメージを受けた髪の毛

夏に紫外線を無防備に浴びているのは肌だけでなく、頭皮や髪がいちばんダメージを受けているのです。

肌には「日焼け止め」を使用することが一般的に多いかと思いますが、髪の毛の紫外線対策はどうでしょう?

髪の毛専用の紫外線をカットするスプレーなども最近では販売していますが、何もしていないという人の方が多いのではないでしょうか?

髪のキューティクルというのは、熱と摩擦に非常に弱く、紫外線を過度に浴びることでキューティクルを破壊してしまい、ツヤがなくパサパサした髪の毛になり、枝毛や切れ毛も目立つようになってしまうのです。

まずは紫外線から髪の毛を保護することが必要です。
ヘアクリームを塗るだけでもケアすることができますよ。外出する際は心がけていきましょう。

秋の美容ケアには睡眠も大事

ベッド
美容において十分に睡眠をとることは欠かせません。寝ている間に分泌される成長ホルモンが肌のダメージを修復してくれたり、副交感神経の働きも活発になり髪の成長にも欠かせないのです。最低でも6時間は睡眠をとるように生活習慣を見直してみてくださいね。

NEW最新記事はコチラ

TOP