すっぴん風メイクでナチュラル素肌

最近のトレンドメイクといえば「すっぴん風メイク」。

きちんとメイクをしているのにすっぴん?そんなすっぴん風メイクに重要なのは、ナチュラルな素肌感、透明感、血色良く見せることがポイントです。

すっぴん風メイクは、すっぴんなのにカワイイ!と思わせるための可愛く見せるメイクテクニックが必要♪

ナチュラル素肌に見せるベースメイク

①すっぴん風メイクの基本はナチュラルな素肌づくりから。ローションパックで潤い肌に整えておきましょう。

②すっぴんメイクには化粧下地が重要で、1本で何役もの効果のある多機能な化粧下地がおすすめ。毛穴やシミなどお肌の悩みをカバーしてくれるものや、UVカット効果、色つきなどの化粧下地で整えます。その上に軽くパウダーでおさえます。

できるならファンデーションは使用しなくてOK。

③ツヤ感を出すために、ハイライトを入れます。ツヤ感を出すことで、すっぴん風のキレイなナチュラル素肌に見せられます。また、光を拡散させることで、くすみも目立たなくなる効果があります。
おすすめはパール入りのハイライトで、目の下や頬のいちばん高いところにサッと入れます。

すっぴん風アイメイクの仕方

large (36)

アイブロー

アイブローははパウダータイプを使用することでよりナチュラルになります。足らないところはペンシルで描きたして、必ずブラシでぼかしましょう。

アイブローのカラー選びは、眉毛の色や髪の色と瞳のカラーに合っているかをチェックして選びましょう。

マスカラ

ブラウンカラーやクリアのものを使用します。どうしてもブラックだと、お化粧してます感がでるので、自然に見えるブラウンマスカラか透明なクリアマスカラがおすすめ。

重ね塗りはなるべくせずに軽く見せたいので、しっかりとまつ毛をカールして強調すれば、自然な目力が出ます。

アイライン

すっぴん風メイクの場合には、アイラインはマスカラと同じく、黒よりもブラウンを選ぶことで自然に瞳を大きく見せられます。また、まつ毛の隙間を埋めるようにインサイドにアイラインを塗っておくと、瞳が自然なパッチリ目に。このとき、太く引くことはNGです。極力極細に引いていきます。

アイラインを引いた部分に、濃い目のブラウンカラーのアイシャドーを重ねると、アイラインが薄れることも防止できて、なおかつナチュラルに垢ぬけた印象の目元になります。

血色感が大切!チークと口紅

oi

いくらすっぴん風メイクだからといって、血色が悪く見えるのは避けたいですよね。すっぴん風メイクには血色を良く見せることが重要なポイントになります!

チーク

練チークやクリームチークなどのツヤ感が出るタイプのものを指の腹を使って、ポンポンと頬のいちばん高いところにつけるのがおすすめ。

青みのあるピンクや赤みのチークがベストです。また、濃くつけすぎるのも不自然になるので気を付けましょう。

また、口紅をチークの代わりに使用することもできます。口紅はいちばん皮膚の弱い唇に塗るものなので、頬にも使用できます。※もしお肌に痒みなどが異常が出た場合はすぐにやめましょう。

口紅&リップ

口紅やリップは、明るすぎない自然な赤みのあるものをチョイスしましょう。グロスはテカテカしすぎてしまうので、リップバームや色つきリップが自然なツヤが出るのでおすすめです。

すっぴん風メイクはこんな時にも役立つ♪

どうしてもすっぴんを見られたくない時ってありすよね?
例えば恋人やお友達と泊まりがけの旅行に行くときなど…。
そんな時にすっぴん風メイクの仕方を覚えておけば、きっと役立ちます!

私はなかなかすっぴんを人には見せたくない方なので、泊まりがけの際にはすっぴん風メイクでごまかしています。その場合はそこまで念入りにベースメイクはしなくても、ささっと練チークを軽く塗って色つきのリップを塗るだけで、血色が良くなって顔の印象はずいぶんと変わります。

おすすめは、ブラウンのペンシルアイライナーで目尻の数ミリを少し描き足すだけで、目が大きく見えるのでぜひ試してみてください。

すっぴん風メイクで、ナチュラル肌を演出してトレンドをおさえた流行顔にチャレンジしてみましょう。

NEW最新記事はコチラ

TOP