美肌力アップ!肌をキレイにする食べ物♡

美肌に効果的だと言われる食べ物はたくさんありますよね。
キレイな肌をつくるには、毎日食べる食べ物にも心がけたいものです。
ここでは美肌特に積極的に摂取したい代表的な美肌食材と、その効果を高める摂取方法についてご紹介します。

毎日の食事が美容を支える

最近ではいろいろなサプリメントもあり、健康補助食品を美容の支えにしている人も多いですよね。ですが、サプリメントなどの健康補助食品はあくまでも足りない栄養を補うためのものです。美容の基本は、あくまでも食事からだということを忘れないようにしましょう。

サプリメントを必要量以上に摂取してしまうと、栄養が偏ってしまって栄養不足の引き金になることもあります。また、肝機能障害などの健康被害を引き起こす可能性も考えられるため、服用する際はきちんと確認し場合によっては専門家のアドバイスも必要です。

野菜不足が気になって野菜ジュースを飲むようにしている人も多いようですが、野菜ジュースに使用されている野菜は水耕栽培のものが多いのです。

水耕栽培の野菜は、水耕でも成長するように化学化合物や植物ホルモンなどを投与されているため、硝酸態窒素が残留しているものがほとんど。大量に摂取すると、爪、唇、皮膚や粘膜が青紫色に変化してしまうチアノーゼ(メトヘモグロビン血症)を起こす可能性があるため、摂取量には注意しましょう。

美肌に効果的な食べ物と摂取方法

女の子アップ
美肌をつくるために効果的な食ベ物には、どのようなものがあるのでしょうか?
毎日の食事で積極的に取り入れたい食べ物と、効果的な摂取方法を見ていきましょう。

豆乳
豆乳には、必須アミノ酸がバランス良く含まれており、良質なたんぱく質の源となります。また、イソフラボンにはシワやたるみの予防、コレステロール抑制、骨粗鬆症の予防など、様々な効果も期待されています。

パセリ
抗酸化ビタミンであるβ-カロチンは、シミやそばかすの原因となる活性酸素を排除してくれます。ビタミンCとビタミンEの含有量が野菜の中ではトップクラスなのがパセリです。

鉄分と鉄の吸収率を高めてくれるビタミンCもパセリは豊富なため、相乗効果によって肌の血色を良くしくすみを予防する効果も期待できます。一度の食事ではなかなかたくさんの量を摂取できないので、果物と一緒にミキサーにかけてスムージーにして飲むことがおすすめ。

ヨーグルト
ヨーグルトに含まれる乳酸菌には悪玉菌の増殖を抑える作用があり、有害物質の発生を抑え、腸内環境を整える効果があります。他にも新陳代謝の促進、脂質の代謝を促すビタミンB2や肌バリア機能となるセラミドも含有されています。

また、ビフィズス菌はオリゴ糖が豊富なバナナ、はちみつ、きな粉などと一緒に食べると美肌効果がアップします。

ブルーベリー
抗酸化力においてはブルーベリーが果物の中でトップクラスです。紫色素成分のアントシアニンと抗酸化ビタミンのCとビタミンEを併せ持ち、アンチエイジング効果に期待が持てます。

さらに、食物繊維も豊富なので腸内環境を整え、ヨーグルトと食べることで善玉菌効果がアップされるので腸のエイジングケアにも有効です。

やまいも
やまいもに含まれているネバネバ成分であるムチン。便秘、肌荒れ、肌の保水力を高めるのに効果的です。また、細胞を活性化するため老化予防の働きもあります。ムチンは熱に弱いので、加熱調理は避け生で食べるようにしましょう。

レモン
レモンは、ビタミンC含有量が非常に高い果物です。抗酸化作用に優れており活性酸素を排除し、メラニンの沈着を防ぐことでシミやくすみを予防します。

ただし、レモンに含まれているソラレンという成分は、紫外線への感受性を高めるため、日差しの弱い夕方以降の摂取がおすすめです。

美肌を目指すなら食べ物にも気をつけよう

グリーンスムージー
いくらスキンケアを頑張っておこなっていても、外側からのケアだけではいけません。体の内側からキレイにすることも美肌づくりには欠かせないのです。ここでご紹介したような食べ物を毎日の食事に上手に取り入れて、キレイな美肌を目指しましょう!

NEW最新記事はコチラ

TOP